Img_39b6fa283d8d5e806209d330bf4b0662




instagram
富士フィルム公式
@life_with_xseries
掲載頂きました^_^


2回め。


選者に猫好きがいるんだと思います。


ありがとうございます^_^


完全にストップしちゃっている
もう一個のアカウントも復活させないと、
猫の写真しか撮っていないみたいです。





今日は久しぶりの英会話でした。


先生が旅に出ていたので、
ちょうど一ヶ月ぶり。



成り行きで来月4日間程
オーストラリア人の女子高生を
預かることになって
(ホームステイですね。)
勉強の仕方も

話せたらいいな
から
話さなきゃ

になって。


レッスンの日常会話では使わない生の英語が
いっぱいあるだろうなあ。


楽しみ♪


良い子だといいなあ。


4日間だけど、
英会話頑張るよー(^-^)v
Img_cefd1ee1f7fa9037ae7f40b0c75641a1

天気も気持ちも
あたたかな週末でした♡


土曜日は
従兄弟の子の七五三のお祝い。


叔父叔母も来ているとの事で
一緒に食事へいきました。


初宮参りの時以来。


もう5歳かー。

早いね。


ちょうどひとまわり年の離れた従兄弟。


男の子だし、
普通、それだけ年が離れていると
付き合いもないと思うけど、

いつまでも慕ってくれて
弟のようにかわいいです(*^^*)


お嫁さんも
美人で気さくな良い方。


従兄弟家族は
結婚式と初宮参りの時に
撮影させてもらって
フォトブックをプレゼントしました。


式場に頼んだ写真よりもずっといいと
今でも絶賛してくれています。


プロカメラマン、
特にアニバーサリー系の式場付きは
失敗できないし、
自分の趣味に偏ってはいけないからね・・・
と、擁護もしつつ
やっぱりうれしいです♪


5年も前だから、
今ならもっとよく撮れるかな?
と思い、帰ってから見返してみました。


最近、昔撮った写真を見て思うのが、

昔の方が上手じゃん

ってこと(^^;)


結婚式と初宮参りの写真見ていて
「今この写真、撮れるかな?」って
考えてしまいました。


知識は増えたけどね(^^;)



Img_bb98724d1a98aa1ddca029c2a94245c3


年々、時間の経つのが早く感じられます。


一年一年はもちろんだけど、
一日も早いっ


昨日の平日休みは
あえて何も予定は入れず、
家の事をあれこれ片づけたいと思ってて。


でも、
みるるんと遊んじゃうです…(〃ω〃)


それに一昨日飛び込んできた
うれしいニュースに頭がいっぱいで
あっという間に時間がすぎていく。


午前中終了。


YOGAに行って買い物に行ったら
一日終わり。


やろうと思っていた
車関係の諸雑務が全く出来ず。


普段あまり乗らないから
後回しになっちゃう。


やらないと。


でも除湿剤をきらしていて
中途半端になっていた
衣替えが完全に終わったので
良しとします^_^


45ℓのゴミ袋1袋断捨離できました。



写真撮ったら食べようと思っていた
金沢土産の「棒ほうじ茶」のケーキ。


10月の後半に頂いて、
賞味期限ぎりぎりでした。


しっとりしていておいしかった♪


生花は猫には危険なので
造花です^_^




Img_3a6fbe9b265a1e507f780e24ccf651ec

その、講評会後に行ったお店のお話。


ちょっと長いです・・・



そのお店の名前を確認しようとネットで検索してもでてこない。


商店街が作っている地図にもない。


私が行ったお店は
本当にあったお店なんだろうか・・・。


狐につままれていいるんじゃないか?


なんて。



でも、本当にそんなことが起こっていそうなお店でした。


たぶん、入り口にあった小さな灯篭に屋号が書いてあったと思うけれど
目に留まらなかった。


お品書きも出ていなくて何のお店かわからない。


知っていなければその扉に手をかけることは
なかったと思う。




昔からの建物そのまま。


高さが私の身長くらいしかない扉を開けると
土間に囲炉裏があり、一番奥に店主(かな?)
が座っている。


店内にはいると

「お飲み物、日本酒しかないですよ。」

と店主が言葉を発する。


承知の上で来ているのでうなずく。


囲炉裏の周りはカウンターになっていて
(そんなしゃれた名前は似合わないけど)

70前後の男性二人組と
一人飲みの男性一人。


薄暗い静かな店内で
二人組さんは小さな声で会話をしていました。


普通の声で会話するのははばかられる静かさ。


私達は少し上がったところにある座敷へと落ち着く。


6畳くらいの広さ。


小さなちゃぶ台に
小さなざぶとん。


すべてが昔の日本人規格。


室内は囲炉裏のすすで真っ黒。


座敷スペースと土間スペースの間は
開放された大きな窓がある。

ちょうど囲炉裏を囲んでいる人々が見える。

窓枠の効果で

向こう側にある光景が
テレビドラマか映画のよう。


でもこちら側にいる私達も
その一場面の中に存在している。


いつの時代に紛れこんでしまったのだろう?


ちゃぶ台には筆で書いたお品書き。

豆腐(冷・温)
たたみいわし
明太子
いなご



全8品くらい。


値段はどこにも書いていない。


日本酒は癇を頼み、
つまみはたたみいわしでもと思ったけれど
とりあえず、お通しで一杯。


すると、次から次へと
お通しの小鉢が出てくる。


全5品(笑)


他に頼まなくて十分(^^)


飲みものは日本酒の冷か燗


先生の好みで燗を頼むと
店主が囲炉裏の火で丁寧に温めてくれる。


何度もお湯から出して
肌で温度を確認して。




いつのまにか一人飲みの男性が帰り、
女性が一人その席に座っていた。


めがねを掛けて
肩より下まで伸びた髪をしっかりと後ろでまとめて
一人ゆっくり日本酒を楽しむ姿が
またそのお店の雰囲気によく似合っていた。


しばらくするとまた新しい客。


座敷からは窓枠の外の事で見えなくて
一体どんな人なのかはわからない。


声の感じから70代くらい。


脚が悪いと、出入り口近くの隅に
ひっそりとあるテーブル席を希望していた。


予約があったのか、
「そこはだめですよ」ときっぱり断る店主。


そのやりとりの途中で急にカメラのストロボがたかれた。


「写真はやめて下さい!」


「帰って下さい!」



丁寧だが強い口調の店主。



ここで飲むならここのルールに従って下さい
といった姿勢。


普通の声で話していても
「帰ってください」と言われそうな雰囲気なので
私達も自然とこそこそ話でした・・・(^^;)




当然
先生は何故このお店を知ったのかという疑問がわいたので

尋ねてみた。



何となく気になって撮影終わりに入ってみたとのこと。


どんなお店なのか全くわからない。


「一見さんお断り」なら諦める。


財布の中身を確認して

一人ならなんとかなる

と、思い切って入ってみたと。


日本酒好きの嗅覚だったのかな。


丁寧に温められたお酒は
最高においしいと満足気でした。


私は日本酒、あまりわからなくて(^^;)

すみません・・・


1時間くらいの滞在。


外へ出るとさっきまでの事が
嘘のような現実でした。


その後は
焼酎の専門店へ。


実は焼酎初体験。
(チューハイなら何度か。)


飲みに行ってビールを飲まなかったの
初めてじゃないかな。


なんだかとても非日常な、不思議な夜の体験でした。





Img_611c1875359e8f9582ca8a6240c2d110

9月に行った高尾山の写真の講評をして頂きました。


撮影は「おまけ」だった御岳山とは異なり、
今回は
カメラはFUJI、レンズは90mm、
フイルムシュミレーションも先生と同じ設定で揃えて
「しっかり撮影モード」


雨だったんですけどね。(^^;)


プリントもフォトショップを使って
1枚1枚丁寧に仕上げました。


前回は「全然だめ」だったのが、
今回は「いいじゃん」にレベルアップd( ̄  ̄)


まあ、でも1枚1枚細かく見ていくと
でるわでるわ・・・
辛口コメント(笑)


やっぱりねー。


でも、すごくよく見てくださって
本当にありがたいです。



次、頑張ろうって思います。


先生の美しいプリントをお土産にいただきました♪
(同じ条件下で撮ったものと思えない…)



講評後はちょっと飲みに。


変わったお店に連れていっていただいたので、
又、次回ご紹介します(^^)