Img_ce14bab75f49fdb0163286f8158301db

台風一過



運良く折り返し始発の電車に乗れたので

座っていますが、

車内とても混みあっています。



夜中に千葉に上陸した台風。



音とかあまり気にならず熟睡できていたから

大した事なかったのかな?

と外に出てみたらいたるところで

木が折れたり

たおれたり。



路上駐車の車が

木に襲われていました。



これで音で起きないって…。

マンション、頑丈すぎ。



上陸するまで穏やかな日だったから

こんなことになるなんて

ちょっと油断していました。



しばらく仕事が忙しくなりそうです。
(損害保険のお仕事です)



↑午後から出社なので
午前中のんびり。


みるるん、きれいだなあ。
(ピン甘だけど…)
Img_97a389d6ed4657ccb4b643b2305fec58

懸案だったお仕事が終わりました〜。


お久しぶりです。


新しく猫飼ったって言っていたけど

全然投稿がなくて大丈夫か?


と思われていたかも…。


猫よりなにより
(2匹目ってこんなもの。人間と一緒ww)

なかなか緊張するお仕事を頂き、

そちらに注力しておりました。


猫飼って以降は

その仕事の他、


女子高生撮影会を
(なんかあやしげな響き…)

プロ講座の先輩(女性)2人とひらいたり


ライブに行ったり


マンションの夏祭りがあったり
(理事&実行委員)


1年間留学する
高1女子の準備を手伝ったり。


夏風邪ひいていたり。


整骨院に通っていたり。


自分で予定は入れずに

のんびりと夏をやり過ごそうと思っていたのに。


なんだか忙しかった。


キャパオーバー。


昨日、仕事の納品をしたから

一区切り。


女子高生写真集も作らなきゃ。
(だから、怪しげだって)


9月はマイペースで過ごしたい。



みるにいちゃんのタワーのてっぺんを
うばってご満悦なくるみ。

Img_bf80cb689ab7f86678e4bc73a919ece8

みるるんに

妹ができました。


くるみです。



私と同じ誕生日の(←これ重要)

女の子。


みるるんと同じ

スコティッシュフォールドです。


お店で見た時は

おとなしい、

みるるんと似た感じかと思いきや…


あっちへぴょんぴょん

こっちへぴょんびょん。


とにかく元気。



遊んで欲しくて

みるるんに飛びつく

かみつく

怒られる

メゲない (^^;


の、繰り返し。


2匹仲良く…はまだまだかなあー。


みるるんのご飯まで食べようとする

くいしんぼうさん。


くるみだから

くーちゃんって呼んでいるけど、


喰ぅちゃん

がびったり(笑)


みるるんとの違いに

戸惑いを隠せない飼い主ですが、


みるにいちゃんと合わせて

みるくるみ


よろしくお願いいたします♡


Img_42e6e3f68f7905fd4fbfa9909b5409c3

蔵王温泉は

享保元年創業の…


???


ざっと300年の歴史のある

老舗旅館に泊まりました。


歴史のある建物でしたが、

ぴかぴかに磨き上げられていて、

手入れの行き届いた旅館でした。



温泉街の一番上にあって、

外も中も段差、階段がいっぱい。



足腰が丈夫なうちしか来れないなあ

という感想。
(年寄りか)



おまけに翌日は


立石寺(山寺)へ。


千段を超える修行の石段を登る。


この旅は上ったり下ったりの

お寺めぐり。


暑い中、

1000段なんて…。


と、思いましたが、

さほど苦なく上りきりました。


山の上からの眺めは格別。


そして、先人たちの偉業に思いを馳せる一時でした。


前日の中尊寺とも、

松尾芭蕉が旅をし、

有名な句を詠み、遺した場所。


次はその足跡をたどる旅も良いなあ。


秋の旅、また東北もいいかなって思いました。
Img_3256e2aa47ead652e85a8a7efddff31f
「め」にご利益のあるお薬師さん


なんか、自然発火しそうな暑さ。。。



ひなたは危険です。

くれぐれもお気をつけ下さい。



東北の旅のご報告をちょっと。


それは
仙台の牛タンからはじまりました^_^



地元の人の行くお店は

間違い無くて、

いろんな牛タン料理を頂きました。




中でも美味しかったのが、

牛タンのタタキ。



さっぱりしていて美味しかったです♡



2日めはレンタカーを借りて

世界遺産は

平泉の中尊寺へ。



梅雨があけて

日差しが強い。



ジリジリと焼けるような暑さ。


勾配の急な坂。



それでも
中尊寺までつづく参道は

背の高い樹齢300年を超えた老杉が

暑さを和らげてくれていました。



8月1日

特に意識していなかったけれど



ついたち。



ちょうど朝のお勤めの時間に

居合わせる事ができました。



般若心経は父が唱えていることもあって、

自然と身についています。



でも、普段唱えている般若心経は

大般若経600巻ある経本の

特に大切な部分を抽出したもの。



この日は

12名ほどの僧侶で

600巻の経本をわけて

天に向かってすばやく開いてささげます。


うーん。


説明、難しい。。。



蛇腹になっている教本を


左から右へと扇を開くように・・・。






ボキャブラリー乏しい。。(^^;)





えっと


とても貴重な機会に恵まれました。




健康で平穏な生活ができることが


本当に貴重。


感謝して手を合わせて来ました。



お参りを済ませるとお昼をちょっと過ぎたところ


参道にあるお店で


名物のわんこそばをいただいて


その日の宿の蔵王温泉を目指しました♪