Img_ba43242ac447fdda981f9fb7eac62888
FUJIFILM X-T2 フジノンレンズ XF90mmF2 R LM WR

お天気続きのG.W.、
いかがお過ごしですか?

私の休みは本当にまったりしています。

買い物、映画、写真展くらい。


最近はblogの更新もゆっくりです。

新しい友達には紹介もしていないので
読んで下さっている方も少ないと思います。

Facebookやinstaglamが主流な今、
やっている意味があるのかな?っていう思うけど
写真の記録と備忘録。

写真を見ると
その時、どんな気持ちだったかわかる。

はっきり文章には書けないけど、
実は忘れたくないことも
さりげなく詰め込んでいます。

後から読んで「???」
なこともありますが。

Facebookで皆に発表するほどじゃないから
細々と続けていきたいなと思います。

さて、G.W.にやろうと思っていたこと、
片付けよ^ ^
Img_1933bfb0be9dfafc4f38a1cd0d345b9b

天気の良かったG.W.が終わりましたね。

私は特に遠出をすることもなく
渋滞や混雑とは無縁の
のんびりとしたお休みでした^ ^

あ、写真展に行った渋谷はすごい人でした〜
でも渋谷はいつもこんなものかな。


おととしドキュメンタリー映画を観た写真家の写真展が
このG.W.のメインイベントでした(^^)



「同じものを撮っていても
撮る人によって全然写真が違ってくるからおもしろいよね」

写真展を見ていてふと思い浮かんだ友達の言葉。


今の技術であれば構図や色など似せてくることはできる。

(もちろん、50年代のニューヨークとか決してまねできないんだけれども)

でも、同じように撮った写真が
同じように人の心に働きかけるものを持っているかといったらそうじゃない。

構図や色などの他に
写真家の視線・想いが重なるから。

「重要なのは、どこである、何である、ではなく、
どのようにそれを見るかということだ。」
word of Saul Leiter


素直に写真を楽しもう。


そんな想いで
分厚い展示会図録を持ち帰ったのでした^ ^


Img_48c83a25750af3a88311510a5495ab41

HAPPY BIRTHDAY!!


今日はみるるんの1才の誕生日です♡


5月10日生まれ

「みる」って名前をつけるまで
(決めてから引き取るまで)の間、
「ごとう(5 10)さん」って呼んでいました^ ^

おもしろいからそのまま「ごとうさん」にしようかと思っていたけど、
病院とかでフルネームで呼ばれる時、
変だよね…ってことで

「みる」

昔飼っていた(のら猫に食べられた)
文鳥と同じ名前(笑)

全く自分の発想力の乏しさにあきれる。



↑誕生日プレゼントで買ったおもちゃ。

気に入ってくれたみたいだけど
羽バージョンはもう既にむしりとられてしまいました(^_^;)

ふわふわ、もっちりでとても愛くるしいのだけど、
太りすぎっていわれたからね、
運動して、いつまでも元気でいてね。
Img_671f59d49eb783a367f4f3c6500ad3ab

G.W.明け
ちょっと伸びをして 深呼吸。

なんとなく慌ただしい空気感を断ち切る。



締め切りは変わらないのに
たっぷり休んでのんびりしたから仕方ないね。

おまけに営業社員が不在で
そちらの仕事もまわってくる。

思い込みや間違いがないように
しっかり準備しなきゃ。

慌ただしさに紛れて
雑な対応にならないよう心がけて^ ^

なんだかんだともう金曜日ですね♪

ホッと心安らぐ週末になりますように^ ^
Img_4106326075ecd1e9c7302175ba80ea5f

外に出たいねこ。

あわよくば外に出てやろうと
網戸の前に待機。

G.W.に掃除をしたから、
ちょっとだけ出してあげてもいいんだけど、
何するかわからないから、
(虫を見つけると、いたぶってたべようとする(^^;)
見ていないといけない。

忙しい朝は無理なのに、
油断して窓をあけると
遠くからでも走ってきて
足元をすり抜けて出て行っちゃう(^^;

かなりお気に入りみたいなので、
時間のある時は
ベンチで雑誌を読みながら付き合っています^ ^

西向きのベランダは
真夏は灼熱。
エアコンの室外機もフル稼働で危ないので
今のうちね。
Img_056eb0989dc08d3a30e8818bb6a8ad4a

先週の忙しさを引きずっていて
残業続き。

一年で一番忙しい時期かもしれないなあ。

私が残業するなんて(笑)

でも、普段はほぼ時間内に終わるから
たまにはいいです。

昨日は久しぶりに昔の仕事を思いだすような
緊張感が走りました。

権限的にできることには限りがあるけど
最善の方法を考えて、手を尽くしてから
親会社に託す。

結果どうなったか気になっていたけれど、
無事にうまくいったと連絡をいただき、ほっ。

20代の頃は毎日こんな緊張感のある仕事していたんだよなー。

ハワイに研修(?)に行ってるしゃちょーの代わりに
私がやらざるを得なかった仕事だけど、
今の会社はチームワークがいいなあと実感。

人は少ないけれど、
必ず互いにフォローし合える。

仕事って
何をするかと同じくらい
誰とするかも大切。

むしろ、
誰とするかのほうが大切なような気がします。

少なくともわたしは
誰>何

好きな仕事じゃないけど、
ここにいる人達が好きだから、
自宅から遠くても続いています(笑)

仕事でも何でも
「誰かの役に立ちたい」

小さなことでも叶えられれば
幸せです^ ^

Img_36345f62a8fc26e0cbe7f078ecc8428a
昨日は
仕事帰りに蜷川実花写真展へ

水曜日以外は
17時で閉まってしまう美術館。

わずか10日間の会期。

そして終了は金曜日。

今日しかない…。

仕事は残しても
なんとかなる^ ^
残業はしない!


蜷川実花氏の写真といえば
色鮮やかな独特でデザイン性の高い写真が思い浮かべられます。

でも、
今回の写真展は全く違っていました。

父である蜷川幸雄氏が倒れてから
最後の別れが来る日までの日々が
淡く、切なく、優しく切りとられていました。



「うつくしい日々」



仕事でパソコンの画面を凝視のしすぎで
ドライアイになっていた眼が潤う。

潤いすぎて
ごぼれないように
少し視線を上げる。




いつだったか、
蜷川幸雄氏の夫人が
当時のまま遺されたアトリエで
氏の思い出を話している番組を偶然見ました。

仕事人間だったであろうという想像が
見事に裏切られる。

遺品には
家族に宛てた小さな手紙が何枚も。

少年のようにいたずら好きで
ユーモアに溢れ、
家族を愛していた家庭人でした。



そんな事が、頭の隅に残っていたから、
私が写真の向こうに見るふたりは、

著名な脚本家 演出家の父と
著名な写真家の娘ではなく、

どこにでもいる一人の娘と
家族を愛し、愛された一人の父親でした。



その場にいた一人ひとりが
それぞれの想いで写真に向き合う。

どこにもピントの合っていない桜に
家族と一緒に過ごした春を想う。

大切な人を想って撮る写真は
こんなにも優しくて美しい。


Img_b77dfb02adcf00398f83c115e0021121
Img_d9e4752ac70aed55ea9f87489c309bb6

ちゃんとわかっていたつもりだったのに


甘え…かな。


初心にかえろ。
Img_ce342293ff212e0a0b495cfb8f45fe9a

お出かけの予定がなくなり
ぽっかり空いた平日休み。

何処かにいこうかと思ったけれど
土日も出かけていたし、
たまには家でのんびりもいいかー
って
のんびりしすぎた…。

ハワイに行っていた社長の
おみやげのパンケーキを焼いたくらい(^-^;

あとは
常備菜でも作ろうかな。

あっという間に夕方。

動物占いではコアラ

ぼーっとしている時間がないと
ダメってあって
すごく納得しているんだけど、

それにしても
ぼーっとしすぎ。

Img_3ab6840c6b2f402c0468bf41c741b779
遡って日曜日

ロベール・ドアノーの写真展に行ってきました。

30年代から80年代にかけて
パリを中心に活躍した写真家さん。

彼の作品
「パリ市庁舎前のキス」はとても有名で
見たことある人もたくさんいるのでは?と思います。

良かったら調べてみて♪

学生の頃、
この作品が好きでパズルを持っていました。

そのせいで、
ちょっと人と視線が違う。

私はどうしても
キスをしている二人より
その後ろを真顔で通り過ぎようとしている
おじさんに目がいく。

パズルを組みたてるとき、
そのおじさんの顏が、
ひとつのピースにきれいにはまっていて、
おじさんの顏を片手に
隅から隅まで鑑賞してたから(笑)

この写真に関しては
つい片寄った見方をしちゃうけれど、
他の写真はスナップ好きな私には
とても印象的な展示でした。

ユーモアのセンス、
絶妙なタイミングと光と陰。

先日見たアメリカのソール・ライターと
同時代の写真家。

カメラも技術も進化しているけど
いい写真は時代を超えてもやっぱりいい。

道具じゃないんだなと思った展示でした。


↑ 京都のお土産
素敵な箱に入ったほど良い大きさの
こたべちゃんです♪
Img_a0c54e267d6cf90f3c69a4a716af5a09

今日は携帯を持たずに写真展へ(^_^;)

気づいたのが発車待ちの電車に乗ったところ。

どーしようかなあ

でも
誰かと約束しているわけでもなかったし、
一つめは行ったことがあるギャラリー、
行けば友達がいるので(出展者)
二つめの場所は教えてもらおうと
覚悟(?)を決めて出かけました。

手持ち無沙汰、そしてちょっぴり不安だったけど
乗り慣れた路線では本に集中し、
初めてのそれでは外の風景を楽しみながら、
ちょっと物思いにふけってみたり、

あちこちで案内表示を探しながらだったけど
なんとかなる。

たまには良いかもね。


充実の一日。


今日も穏やかに一日が終わるかなと思っていたんだけど。

ザワザワ。

さて、どうしようかな。
Img_6489ddb92f483e6acb12a827ad723ef5

最近、バラの素敵な写真をよく目にします♪

私もバラ園へ…

もとい

マンションの中庭で。

熱心に手入れをして下さる方のおかげで、
この季節は色んな種類のバラを中庭で楽しめます。


最近は梅雨が近いのか
空気に水分が増えてきましたね。

癖毛なので、
ちょっとした変化に敏感なんです。

朝すごく時間をかけてのばしても、
あっと言う間にうねうねボサボサ。

かなりのストレスなので
ストレートパーマをかけました。

すごく快適です^ ^

朝もかなり時短になっています♪

高いけど…
TIME IS MONEYですね♪